· 

住まいを快適にー断熱性の高い窓とはどのようなものか

最近冬は最強寒波と言われる寒波や夏は観測史上最高気温など

夏も冬も何か対策しなければ、乗り越えられないものになってきました。

 

お住まいの中もそうです。

エアコンやストーブ、扇風機などなければ耐えられません。

しかしお住まいの中は思ったより外気温の影響を受けてしまいます。

その中でも熱の出入りが一番大きいところは窓です。

 

今回は、窓ガラスの種類や構造について紹介したいと思います。

 

窓ガラスはサッシ(フレーム)とガラスによってできており、

サッシの素材やガラスの構造を工夫することにより様々な種類の窓ガラスが生まれております。

 

・アルミ窓

アルミ窓はアルミサッシと単板ガラスを組み合わせて作られております。

これは賃貸などで多くみられる窓ガラスですが、アルミサッシも単板ガラスも熱を通しやすいので、断熱性はあまり期待できません。

断熱シートや他の断熱対策を考える必要が出てきてしまいます。

 

・アルミ樹脂複合窓

アルミ樹脂複合窓は室外側をアルミニウム、室内側を樹脂で構成されたもので、

アルミの耐久性と樹脂の熱の伝えにくさの利点を活かしたサッシです。

また、そのサッシに複層ガラスを組み合わせることで、さらに断熱性を高めております。

この窓ガラスは東北以西の新築住宅で普及が拡大しています。

 

・樹脂窓

ガラスは複層ガラスまたはトリプルガラスによって断熱性を高め、

サッシは全体を樹脂で構成されたものを使用し、樹脂の熱の伝えにくさと、複層ガラスの断熱性の利点を生かした窓ガラスです。

 

これから長い時を同じ家で住むことを考えるとするならば、

断熱性を考えた窓ガラスにリフォームすることも良いかもしれません。